2021年09月06日更新 2021年9月発売のマニアック作品3種!

2021年9月9日頃発売の作品情報を公開致しました!

アメリカン・ビッチーズ Vol.17 人妻スチュワーデス 制服昇天 残虐女刑史
『アメリカン・ビッチーズ』第17弾は、1991年の元「ミスUSA」ケリー・マッカーティが名門ビビッド社と専属契約を結び、ポルノ・デビュー! 色気ムンムンの熟女を妖艶に熱演!さらには超大物プロゴルファー7番目の愛人、ホリー・サンプソンも出演!超一流に愛されたセレブ女優たちの生唾飲みこむ大興奮の卑猥映像は必見!いきなりカウチの上で、はたまた手錠に繋がれて痴態をさらけ出す!他にもビビット社の人気女優が大挙出演。より深く、より激しくイクまで突かれまくって、今まで感じたことのない最高のエクスタシーがやってくる! 今日は、子供の頃からの夢だったスチュワーデスとしての最後の日だ。そして、新しい人生への記念すべき最初の日でもある。涼子にはこの空はたくさんの思い出がある。婚約者でもある副操縦士の俊二との飛行機内で愛欲の日々、自らの股間に手を伸ばしオナニーにふけった時間。ふと、我に返ると飛行機の爆音をバックにタイトスカートが捲れ、白い指が奥に溶け込み瞳を閉じていた…。それから涼子の新婚生活は始まった。しかし幸せ一杯という訳にはいっていなかった。夫である俊二の起こした人身事故により、恐喝を受けていたのだった… 女体の刑罰は幕府の御定言によって始められた。以降、江戸時代から明治、大正、昭和の初期へとこの凄惨な拷問は受けつがれてきた。古き日本の女たち、男尊女卑の女たちの悪夢のような生活を再現。かつて日本の女性の暗黒時代を巨匠・山本晋也監督が撮った女体責めの実態!和服の帯をとき、日本髪を乱し男たちは足袋で彼女らの人格と肉体を蹂躙した。逃亡中の姫とくノ一や、遊廓から足抜けしようとした女郎たちが拷問に…何度となく縛りあげられ、叩かれた女たちの歴史、全5話収録。

リンク

関連女優

関連記事